ビキニラインの黒ずみは皮膚科などクリニックへ?

ビキニライン(Vライン)の黒ずみは皮膚科などクリニックへ?

ビキニライン(Vライン)の黒ずみは皮膚科などクリニックへ行けばいいのでしょうか?治療法についてもご紹介します。


そもそも皮膚科で受診できるの?

皮膚科といえば、名前の通り「皮膚」専門の病院ですが、ビキニライン(Vライン)の黒ずみも診てもらえるのでしょうか?

 

それの答えは・・・

 

黒ずみは皮膚科でOKです!

 

黒ずみは色素沈着など肌に関することなので、皮膚科などクリニックで受診することができます。

どんな治療法があるの?

それでは、ビキニライン(Vライン)の黒ずみを治療するにはどんなものがあるのでしょうか?

 

一般的には、クリームなど塗るタイプの外用薬、錠剤など飲むタイプの内服薬が処方されることが多いです。

 

外用薬

外用薬は、美白効果が期待できる「ハイドロキノン」、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促進する「トレチノイン」などのクリームが一般的です。

 

関連記事:ハイドロキノンやトレチノインとは?

 

内服薬

内服薬は、抗酸化作用があり、シミなどの治療にもつかわれる、ビタミンC、ビタミンE、トラネキサム酸などがあります。体の内側から黒ずみ解消を目指していきます。

自宅でケアできないの?

ビキニライン(Vライン)の黒ずみは皮膚科などクリニックでも治療できることが分かりましたが、デリケートゾーンの悩みなので抵抗があるかたも多いと思います。

 

そんな方におすすめなのが、自宅でケアする方法です。

 

現在は、自宅でも簡単にケアできるようにイビサクリームという市販のクリームがあります。気になる方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

黒ずみケアクリームランキング!

イビサクリーム

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

厚生労働省から認められた美白成分「トラネキサム酸」を配合。無添加、無香料で肌に優しいのが特長。28日間返金保証あり。

 

公式ページはこちら(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,皮膚科,クリニック,1)

 

口コミはこちら

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

有効成分:プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K

 

プラセンタにより肌質改善を目指します。野ばらの香りが特長。60日間の返金保証あり。

 

公式ページはこちら(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,皮膚科,クリニック,2)

 

イビサクリームとの違いはこちら

ヴィエルホワイト

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

イビサクリームと同じ「トラネキサム酸」を配合。定期コースの継続条件により合計の値段が高め。

 

公式ページはこちら(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,皮膚科,クリニック,3)

 

イビサクリームとの違いはこちら

▼タップしてイビサクリームが1位の理由を確認する▼

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームを市販で選ぶ方法(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,皮膚科,クリニック)

 

 

 

イビサクリームを市販で買う前に要注意! TOP