ビキニラインの黒ずみに市販のクリームを使う前に!

ビキニライン(Vライン)の黒ずみに市販のクリームを使う前に!

ビキニライン(Vライン)の黒ずみに薬局など市販で購入できるクリーム(ニベアなど)を使う前に注意しておきたいことを紹介します。


ニベアやオロナインは効果なし?

ビキニライン(Vライン)の黒ずみをニベアやオロナインなどの市販品でケアできたらと考える方もいると思いますが、実際に効果があるのでしょうか?各商品の詳細を見ていきましょう。

ニベアクリーム

成分

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

 

期待できる効果

肌の乾燥を防ぎ、保湿する。


オロナインH軟膏

有効成分

クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%)

 

その他の成分

ラウロマクロゴール、ポリソルベート80、硫酸Al/K、マクロゴール、グリセリン、オリブ油、ステアリルアルコール、サラシミツロウ、ワセリン、自己乳化型ステアリン酸グリセリル、香料、精製水

 

効能・効果

にきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも

 

参考サイト:http://www.otsuka.co.jp/ohn/


美白成分は?

ニベアとオロナインの詳細を調べてみたところ、美白成分は含まれていませんでした。

 

ニベアは保湿によって肌の状態の改善を目指し、オロナインは肌荒れに働きかけるので、肌質を改善することを目的とした場合、効果が期待できますが、美白成分は含まれていないので、ビキニライン(Vライン)の黒ずみに使うのは注意が必要です。

美白成分の入ったクリームはコレ!

現在、デリケートゾーンの黒ずみケアクリームとして注目を浴びているのが、イビサクリームです。イビサクリームには、美白成分のトラネキサム酸が含まれています。

 

トラネキサム酸は、厚生労働省から美白効果が認められている成分です。ビキニライン(Vライン)の黒ずみに薬局など市販で購入できるクリーム(ニベアなど)を使う前にぜひチェックしておきたいですね。

黒ずみケアクリームランキング!

イビサクリーム

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

厚生労働省から認められた美白成分「トラネキサム酸」を配合。無添加、無香料で肌に優しいのが特長。28日間返金保証あり。

 

公式ページはこちら(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,市販,クリーム,1)

 

口コミはこちら

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

有効成分:プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K

 

プラセンタにより肌質改善を目指します。野ばらの香りが特長。60日間の返金保証あり。

 

公式ページはこちら(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,市販,クリーム,2)

 

イビサクリームとの違いはこちら

ヴィエルホワイト

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

イビサクリームと同じ「トラネキサム酸」を配合。定期コースの継続条件により合計の値段が高め。

 

公式ページはこちら(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,市販,クリーム,3)

 

イビサクリームとの違いはこちら

▼タップしてイビサクリームが1位の理由を確認する▼

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームを市販で選ぶ方法(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,市販,クリーム)

 

 

 

イビサクリームを市販で買う前に要注意! TOP