イビサクリームは熱い?成分を分析!

イビサクリームは熱い?成分を分析!

イビサクリームを使うと熱いといったことはあるのでしょうか?成分から分析してみました。


イビサクリームの全成分

まずは、イビサクリームの全成分を確認していきましょう。

 

【有効成分】トラネキサム酸 グリチルリチン酸ジカリウム
【その他の成分】ヒアルロン酸ナトリウム(2)、シロキクラゲ多糖体、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ローズ水、乳酸ナトリウム液、サクラ葉抽出液、オウゴンエキス、カモミラエキス(1)、ダイズエキス、メチルフェニルポリシロキサン、1,3−ブチレングリコール、ポリアクリル酸アミド、1,2−ペンタンジオール、軽質流動イソパラフィン、グリセリンモノ2−エチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、グリセリン、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)、1,2−ヘキサンジオール、エデト酸二ナトリウム、フェノキシエタノール、精製水

 

引用元:公式サイト

熱い成分は?

イビサクリームの全成分から熱くなる成分がないか調べてみると「グリセリン」がありました。

 

グリセリンとは?

ヤシ油やパーム油を高温、高圧で加水分解した成分です。保湿効果があり化粧品などによく使われています。

 

グリセリンは、水に混ざると発熱する作用があり、温感化粧品にも使われています。温感化粧品の場合、発熱効果が高まるようにグリセリンが高濃度で配合されています。

 

一般的な化粧品の場合、保湿目的で使われることが多く、高濃度で配合されていないため、熱さを感じることは少ないです。

 

イビサクリームの場合も、グリセリンは高濃度で配合されていないため、使用中に熱いといったことは起こりづらいです。

 

イビサクリームの口コミを確認しても、使用中や使用後に熱くなったといった報告はありませんでした。

 

5つの無添加

また、イビサクリームは合成香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベンといった添加物が無添加になっているので、敏感肌の方でも使える優しいクリームになっています。

まとめ

イビサクリームの成分を確認してみると、熱くなる成分にグリセリンがありましたが、高濃度でないため心配ないことが分かりました。イビサクリームは熱い?と気になっていた方は参考にしてみてください。

 

▼30%OFF!返金保証付き▼

イビサクリームの公式HPはこちら(イビサクリー,熱い,1)

黒ずみケアクリームランキング!

イビサクリーム

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

厚生労働省から認められた美白成分「トラネキサム酸」を配合。無添加、無香料で肌に優しいのが特長。28日間返金保証あり。

 

公式ページはこちら(イビサクリー,熱い,1)

 

口コミはこちら

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

有効成分:プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K

 

プラセンタにより肌質改善を目指します。野ばらの香りが特長。60日間の返金保証あり。

 

公式ページはこちら(イビサクリー,熱い,2)

 

イビサクリームとの違いはこちら

ヴィエルホワイト

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

イビサクリームと同じ「トラネキサム酸」を配合。定期コースの継続条件により合計の値段が高め。

 

公式ページはこちら(イビサクリー,熱い,3)

 

イビサクリームとの違いはこちら

▼タップしてイビサクリームが1位の理由を確認する▼

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームを市販で選ぶ方法(イビサクリー,熱い)

 

 

 

イビサクリームを市販で買う前に要注意! TOP