デリケートゾーンの洗い方【図あり】

デリケートゾーンの洗い方【図あり】

デリケートゾーンの洗い方は教わる機会がなく、正しい方法で洗えているのか気になっている方も多いと思います。陰部は敏感な部分なので間違った洗い方だと、かゆみや臭いなどトラブルの原因になります。ここでは、デリケートゾーンの正しい洗い方と注意点について解説します。


かゆみや臭いの原因は?

デリケートゾーンのかゆみや臭いの原因は、主に雑菌の繁殖によるものです。陰部は複雑な形をしており、垢や汚れが溜まりやすいため、雑菌が繁殖しやすくなります。

 

雑菌には、カンジタ菌や大腸菌、ブドウ球菌などがあり、これらの菌によりかゆみや臭いが発生します。さらに、大陰唇には脇と同じ「アポクリン腺」という汗腺があり、汗による臭いも発生しやすくなります。

正しい洗い方

デリケートゾーンの洗い方は、優しく洗うのがポイントです。石鹸やボディーソープをよく泡立て、指の腹を使ってマッサージするように洗います。陰部は敏感な部分なので、ゴシゴシ洗ったり、強く擦ったりするのは禁物です。

 

洗う順番

洗う順番は前から順に洗っていきます。具体的には、陰毛→陰核(クリトリス)→性器部分→会陰(性器と肛門の間)→肛門の順番です。

 

出典:http://gyne.biyou-clinic.jp/gyne_1.html

 

注意点

垢の溜まりやすい場所は注意して洗いましょう。陰核の包皮に覆われている部分、大陰唇と小陰唇の間などは垢や汚れが溜まりやすいので丁寧に洗うことが大切です。

 

市販でおすすめの石鹸は?

デリケートゾーンは刺激を受けやすいので、石鹸やボディーソープにも気を使いましょう。市販でおすすめの石鹸は「薬用イビサソープ」です。

薬用イビサソープは、口コミNo.1ワックス脱毛サロンIBIZA WAX(イビサワックス)によって開発されたデリケートゾーン専用の薬用ソープです。販売元のイビサビューティー(株式会社ファイブテイルズ)は、デリケートゾーンの黒ずみ用クリームで人気のイビサクリームを販売していることでも有名です。

 

薬用イビサソープには、肌に優しいアミノ酸系の洗浄成分が使われており、刺激のある添加物は無添加になっているので、敏感肌の方でも安心して使えます。また、殺菌作用と抗炎症作用のW成分で、肌荒れを抑えながら、気になる臭い対策ができます。もちろん、デリケートゾーンだけではなく全身に使ってもOKです。

 

現在、薬用イビサソープは薬局などで市販はなく通販で購入できます。公式サイト限定で返金保証が付いているので、デリケートゾーンの臭いが気になる方は下記をチェックしてみてくださいね。

 

>>タップして「薬用イビサソープ」の詳細を確認する

 

陰部の黒ずみが気になる場合は?

陰部は普段目にしないため、気が付けば黒ずみが進行している場合があります。そのまま放置しておくとさらに悪化する可能性もあります。そのため、市販の黒ずみ対策クリームなどで日頃からケアすることが大切です。選び方の詳細は下記からチェックできます。

 

▼タップして詳しい情報を確認する▼

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームを市販で選ぶ方法(デリケートゾーン,洗い方,1)

まとめ

デリケートゾーンの洗い方について解説しました。雑菌はかゆみや臭いなどトラブルの原因になり、清潔に保つことが重要です。日頃から正しいケアをしていきましょう。

黒ずみケアクリームランキング!

イビサクリーム

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

厚生労働省から認められた美白成分「トラネキサム酸」を配合。無添加、無香料で肌に優しいのが特長。28日間返金保証あり。

 

公式ページはこちら(デリケートゾーン,洗い方,1)

 

口コミはこちら

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

有効成分:プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K

 

プラセンタにより肌質改善を目指します。野ばらの香りが特長。60日間の返金保証あり。

 

公式ページはこちら(デリケートゾーン,洗い方,2)

 

イビサクリームとの違いはこちら

ヴィエルホワイト

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

イビサクリームと同じ「トラネキサム酸」を配合。定期コースの継続条件により合計の値段が高め。

 

公式ページはこちら(デリケートゾーン,洗い方,3)

 

イビサクリームとの違いはこちら

▼タップしてイビサクリームが1位の理由を確認する▼

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームを市販で選ぶ方法(デリケートゾーン,洗い方)

 

 

 

イビサクリームを市販で買う前に要注意! TOP