ハイドロキノンやトレチノインとは?

ハイドロキノンやトレチノインとは?

ビキニライン(Vライン)の黒ずみにハイドロキノンやトレチノイン?成分や効果、副作用などの詳細をご紹介します。


ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンとは、シミや黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑え、メラニンを作るメラノサイトという細胞を少なくする成分です。

 

一般的な美白成分として知られている、ビタミンCやプラセンタなどと比べると、10〜100倍の効果が期待できるとも言われています。

 

また、シミや黒ずみの予防だけではなく、皮膚にあるメラニンに作用することでも注目を浴びています。

 

副作用に関して

ハイドロキノンは強い成分のため、肌に合わなかった場合は炎症、長期間・高濃度の使用で白斑を引き起こす可能性があります。白斑とは、皮膚の一部が白くなる症状です。

 

そのため、1年以上の使用や6%以上の高濃度での使用には十分注意が必要です。

 

一般的なコスメの場合、4%以下になっているので、通常の利用では白斑は起きにくいとされています。医師によっては、1年以上経過しても問題がなかったとの報告もあります。

 

参考サイト:http://pluskirei.com/user_data/about_hq.php

トレチノインとは?

トレチノインは、ビタミンA(レチノール)を肌に浸透させやすくした成分で、ビタミンA誘導体とも言われています。肌の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーを促進して、シミや黒ずみの原因であるメラニンを排出する働きがあります。

 

副作用に関して

ビタミンAは、体内にも存在する成分なのでアレルギーなどは起きにくいと言われてます。ただし、肌に合わない場合は炎症を起こす可能性があるので注意が必要です。

 

参考サイト:http://cocoro-hihuka.com/tretinoin.html

どこで手に入るの?

それでは、ハイドロキノンやトレチノインはどこで入手できるのでしょうか?それは、皮膚科などのクリニックです。皮膚科を受診し、処方してもらうことが可能です。

 

関連記事:ビキニライン(Vライン)の黒ずみは皮膚科などクリニックへ?

自宅でケアしたい場合は?

ハイドロキノンやトレチノインは皮膚科などのクリニックで処方してもらえますが、自宅でケアしたいという方もおられると思います。そんな方におすすめなのが、イビサクリームです。デリケートゾーンクリームでNo.1で注目を集めている美白クリームです。

黒ずみケアクリームランキング!

イビサクリーム

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

厚生労働省から認められた美白成分「トラネキサム酸」を配合。無添加、無香料で肌に優しいのが特長。28日間返金保証あり。

 

公式ページはこちら(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,ハイドロキノン,トレチノイン,1)

 

口コミはこちら

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

有効成分:プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K

 

プラセンタにより肌質改善を目指します。野ばらの香りが特長。60日間の返金保証あり。

 

公式ページはこちら(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,ハイドロキノン,トレチノイン,2)

 

イビサクリームとの違いはこちら

ヴィエルホワイト

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

イビサクリームと同じ「トラネキサム酸」を配合。定期コースの継続条件により合計の値段が高め。

 

公式ページはこちら(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,ハイドロキノン,トレチノイン,3)

 

イビサクリームとの違いはこちら

▼タップしてイビサクリームが1位の理由を確認する▼

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームを市販で選ぶ方法(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,ハイドロキノン,トレチノイン)

 

 

 

イビサクリームを市販で買う前に要注意! TOP