【※必見】イビサセラムproとイビサクリームの違いはココを見ろ!

イビサセラムproとイビサクリームの違いを比較!

イビサクリームの上位商品である「イビサセラムpro(イビサセラムプロ)」が新登場しました。イビサクリームと何が違うの?と疑問の方も多いと思いますので、イビサクリームとイビサセラムproの違いを比較してみました。

 

商品名は「イビサクリームプロ」ではなく、「イビサセラムプロ」です。セラム(serum)とは英語で「血清」を意味しますが、化粧品では「美容液」を表す言葉として使われています。

 

ざっくりと比較してみたところ、主な違いは美白成分と価格にありました。さっそく、それぞれの違いを見ていきましょう。

 

イビサクリーム

美白成分

トラネキサム酸

肌が紫外線などの刺激を受けたとき、シミの元であるメラニンを作るメラノサイトへ「メラニンを作れ!」と指令を出します。トラネキサム酸はこの指令をブロックして、シミ、そばかすなどを防ぎます。

 

価格

定期購入 4,970円

単品購入 7,000円

 

イビサセラムpro(イビサセラムプロ)

美白成分

ビタミンC誘導体

メラニンの元であるチロシンは、チロシナーゼという酵素の働きで黒くなっていきます。ビタミンC誘導体はこの酵素の働きを抑え、黒くなってしまったメラニンを還元(薄くする)作用が期待できます。

アルブチン

ハイドロキノンという美白成分を元に、肌への刺激を抑えて作られた成分です。メラニンを生成するチロシナーゼ酵素を抑制して、シミ、そばかすを防ぎます。

 

価格

定期購入 9,800円

単品購入 14,800円

 

どっちがいいの?

 

それでは、「イビサクリーム」と「イビサセラムpro(イビサセラムプロ)」はどっちがいいのでしょうか?それは、費用と求める効果によって異なります。

 

イビサクリームがおすすめ!

月々のコストを抑えながら、基本的な美白をしっかりとしたい人

 

イビサセラムproがおすすめ!

お金をかけてもいいので、より効果的な美白をしたい人

 

イビサセラムproは成分にこだわっているだけあって、値段がイビサクリームと比べて高めになっています。そのため、「お金をかけてスペシャルケアをしたい!」という人以外は、基本的にイビサクリームでOKです。

 

以上、「イビサクリーム」と「イビサセラムpro(イビサセラムプロ)」の違いを比較してみました。必要に応じて選んでみてくださいね。

 

イビサクリームの公式HPはこちら(イビサセラムpro,イビサクリーム,1)

 

イビサセラムproの公式HPはこちら(イビサセラムpro,イビサクリーム,2)


黒ずみケアクリームランキング!

イビサクリーム

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

厚生労働省から認められた美白成分「トラネキサム酸」を配合。無添加、無香料で肌に優しいのが特長。28日間返金保証あり。

 

公式ページはこちら(イビサセラムpro,イビサクリーム,1)

 

口コミはこちら

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

有効成分:プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K

 

プラセンタにより肌質改善を目指します。野ばらの香りが特長。60日間の返金保証あり。

 

公式ページはこちら(イビサセラムpro,イビサクリーム,2)

 

イビサクリームとの違いはこちら

ヴィエルホワイト

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

イビサクリームと同じ「トラネキサム酸」を配合。定期コースの継続条件により合計の値段が高め。

 

公式ページはこちら(イビサセラムpro,イビサクリーム,3)

 

イビサクリームとの違いはこちら

イビサセラムpro

有効成分:ビタミンC誘導体、アルブチン、グリチルリチン酸2K

 

イビサクリームの上位商品。こだわった成分のため値段が高め。

 

公式ページはこちら(イビサセラムpro,イビサクリーム,3)

 

イビサクリームとの違いはこちら

▼タップしてイビサクリームが1位の理由を確認する▼

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームを市販で選ぶ方法(イビサセラムpro,イビサクリーム)

 

 

 

イビサクリームを市販で買う前に要注意! TOP