陰部の黒ずみにケシミンは要注意!

陰部の黒ずみにケシミンは要注意!

デリケートゾーンや陰部の黒ずみにケシミンは使えるのでしょうか?ケシミンクリームは小林製薬から販売されているシミ消しクリームで、CMなどでも有名な商品です。

 

シミに効くなら黒ずみにも使えるの?と気になっている方も多いようなので、ケシミンの成分から効果を分析してみました。その結果、黒ずみ対策にはあまり向いていないことが分かりました。


有効成分と効果

まずは、ケシミンの効果を知るうえで重要な有効成分についてチェックしていきましょう。

 

ケシミンクリームの有効成分

L-アスコルビン酸2-グルコシド

ビタミンC誘導体です。メラニンの生成を抑えて、シミ・そばかすを防ぐ効果が期待できます。

 

グリチルレチン酸ステアリル

甘草(カンゾウ)の根から抽出された成分で、肌荒れなどを抑える抗炎症作用があります。

 

トコフェロール酢酸エステル

ビタミンE誘導体です。血行促進の作用があり、肌を活性化します。

 

この成分に注意!

「L-アスコルビン酸2-グルコシド」はビタミンC誘導体として有効成分に配合されています。ビタミンC誘導体とは、そのままでは不安定なビタミンCを安定化させた成分です。通常、皮膚の酵素によって分解され、肌内部でビタミンCになることで効果を発揮します。

 

しかし、人の皮膚の角質層には、L-アスコルビン酸2-グルコシドの「グルコシド」を分解する酵素を持っておらず、角質に浸透してもビタミンCになることができません。そのため、ビタミンCとしての効果が疑問視されています。したがって、この成分の入った商品は黒ずみ対策としてはあまり推奨できません。

 

ただし、ケシミンの場合、まったく効果がないというわけではありません。抗炎症と血行促進による肌質改善の効果は期待できるので、スキンケアとしては活用できます。

オススメの黒ずみ対策クリームはコレ!

陰部の黒ずみ改善を目指すなら、「イビサクリーム」がオススメです。なぜなら、イビサクリームはデリケートゾーン用の黒ずみ対策として開発されたクリームで、厚生労働省から認められた有効成分「トラネキサム酸」が配合されているからです。トラネキサム酸は、シミやそばかすの元であるメラニンの生成を抑える作用があるので、黒ずみケアに最適です。さらに詳しい内容は下記からチェックできます。

 

▼タップして詳しい情報を確認する▼

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームを市販で選ぶ方法(陰部,黒ずみ,ケシミン,1)

まとめ

デリケートゾーンや陰部の黒ずみにケシミンが効くのか成分を分析したところ、抗炎症や血行促進には有効ですが、黒ずみ対策としては不向きだということが分かりました。黒ずみを対策したい場合は、トラネキサム酸など有効成分が配合されたクリームを選びましょう。

黒ずみケアクリームランキング!

イビサクリーム

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

厚生労働省から認められた美白成分「トラネキサム酸」を配合。無添加、無香料で肌に優しいのが特長。28日間返金保証あり。

 

公式ページはこちら(陰部,黒ずみ,ケシミン,1)

 

口コミはこちら

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

有効成分:プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K

 

プラセンタにより肌質改善を目指します。野ばらの香りが特長。60日間の返金保証あり。

 

公式ページはこちら(陰部,黒ずみ,ケシミン,2)

 

イビサクリームとの違いはこちら

ヴィエルホワイト

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

イビサクリームと同じ「トラネキサム酸」を配合。定期コースの継続条件により合計の値段が高め。

 

公式ページはこちら(陰部,黒ずみ,ケシミン,3)

 

イビサクリームとの違いはこちら

▼タップしてイビサクリームが1位の理由を確認する▼

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームを市販で選ぶ方法(陰部,黒ずみ,ケシミン)

 

 

 

イビサクリームを市販で買う前に要注意! TOP