ビキニラインの黒ずみのレーザー治療に関して

ビキニライン(Vライン)の黒ずみのレーザー治療に関して

ビキニライン(Vライン)の黒ずみにはレーザー治療がいいのでしょうか?種類や費用などをまとめてみました。


レーザー治療の種類

現在、レーザー治療には下記の2種類あります。

 

  • レーザートーニング(メドライトC6)
  • Vホワイトニング(インティマ)

 

それでは、それぞれの詳細について見ていきましょう。

レーザートーニング(メドライトC6)

レーザートーニングは、弱い出力で均一に照射できる特徴があり、皮膚の薄いデリケートゾーンなどにも使えることから、皮膚科やクリニックで黒ずみの治療に使われています。

 

黒ずみの原因であるメラニン色素に直接照射し、メラニンを少しずつ破壊していきます。破壊されたメラニンは、ターンオーバーによって排出されます。

 

痛みについて

麻酔を使わない治療のため、少しチクッとした痛みを伴う場合がありますが、冷却しながら施術を行うため、痛みを感じない方もおられます。

 

術後は、まれに赤みや発疹になる場合がありますが、通常2〜3日で元に戻ります。

 

費用について

レーザートーニングの場合、肌への負担が少ない分、徐々に黒ずみ改善を目指していく方法ですので、1〜2週間に1回の治療を、5〜10回ほど受けると効果的です。

 

1回の費用は1万円〜で、5回行った場合、5万円〜が目安になります。

 

料金はクリニックによって異なりますので、事前に確認されることをおすすめします。

Vホワイトニング(インティマ)

Vホワイトニングは通常のレーザーとは異なり、デリケートゾーンの内側から治療してく方法です。

 

大陰唇や小陰唇の角質や色素沈着した皮膚の、薄い層を削り取ることで黒ずみ改善します。

 

痛みについて

薄い角質を削るため、麻酔クリームを使用します。麻酔により施術中に痛みはありませんが、術後1週間ほど患部に痛みが続く場合があります。

 

費用について

Vホワイトニングの場合、角質を削り取るので1回の施術で効果が期待できますが、1回10万円程と高額になります。

まとめ

以上をまとめると

 

数回の治療が必要ですが、肌への負担も少なく、徐々に治療していきたい方は、

レーザートーニング(メドライトC6)

 

 

費用は高額ですが、すぐに効果を期待したい方は、

Vホワイトニング(インティマ)

 

をおすすめします。

 

「やっぱりレーザー治療は・・・」

 

と感じる方は、自宅でビキニライン(Vライン)の黒ずみをケアする方法もあります。現在、デリケートゾーンクリームNo.1で注目されているのがイビサクリームです。

黒ずみケアクリームランキング!

イビサクリーム

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

厚生労働省から認められた美白成分「トラネキサム酸」を配合。無添加、無香料で肌に優しいのが特長。28日間返金保証あり。

 

公式ページはこちら(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,レーザー,1)

 

口コミはこちら

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

有効成分:プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K

 

プラセンタにより肌質改善を目指します。野ばらの香りが特長。60日間の返金保証あり。

 

公式ページはこちら(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,レーザー,2)

 

イビサクリームとの違いはこちら

ヴィエルホワイト

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

イビサクリームと同じ「トラネキサム酸」を配合。定期コースの継続条件により合計の値段が高め。

 

公式ページはこちら(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,レーザー,3)

 

イビサクリームとの違いはこちら

▼タップしてイビサクリームが1位の理由を確認する▼

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームを市販で選ぶ方法(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,レーザー)

 

 

 

イビサクリームを市販で買う前に要注意! TOP