陰部の黒ずみにルミキシルを買う前に!

陰部の黒ずみにルミキシルを買う前に!

デリケートゾーンや陰部の黒ずみにルミキシルは本当にいいのでしょうか?ルミキシルは、アメリカで開発された美白化粧品で、ハイドロキノンの約17倍の効果が期待できるとして注目を浴びています。

 

そこで、ルミキシルの成分や値段などから検証した結果、同じ効果を持ちながら、安全に使えるクリームを見つけたので紹介します。


ルミキシルの成分と効果

ルミキシルの有効成分には、「デカペプチド-12」を含んでおり、シミやそばかすの原因であるメラニン色素を作るチロシナーゼ酵素を阻害する作用があります。

 

ハイドロキノンとの違い

ルミキシルと似た成分に「ハイドロキノン」という成分があります。ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われ、正しく使わないと色素沈着の悪化や白斑など副作用のリスクがあります。

 

ルミキシルの副作用の危険性は?

それでは、その約17倍の作用を持つと言われるルミキシルは危険なのでしょうか?実は、ルミキシルには漂白作用がなく、メラニンを抑える効果が高いということなので、ハイドロキノンのような副作用はほとんどありません。そのため、ハイドロキノンより安全性の高い成分と言えます。

どこで買える?

ルミキシルはアメリカの商品のため、薬局など市販で買うことはできません。そのため、個人輸入する必要があります。もちろん、個人輸入と言っても、通販で仲介サービスをしているところもあるので購入することができます。有名なところでは「オオサカ堂」などがあります。しかし、値段を調べてみると下記になっていました。

 

ルミキシル(30ml)の値段

1本 約8,000円〜
※為替レートによって、値段は変動する可能性があります。

 

もっと安く買う方法は?

ルミキシルは値段が高いので、継続していくにはコストパフォーマンスが良いとは言えません。そこで、ルミキシルと似た成分を持つ商品を探してみたところ、「イビサクリーム」という商品がありました。

イビサクリームとは

イビサクリームはデリケートゾーン用の黒ずみ対策として開発されたクリームで、厚生労働省から認められた有効成分「トラネキサム酸」が配合されています。このトラネキサム酸はルミキシルと同様、メラニン色素を作るチロシナーゼ酵素を阻害する作用があります。

 

デリケートゾーン用として開発

ルミキシルは安全な成分とは言え、陰部の黒ずみに使うことを前提に作られていません。そのため、リスクを考えたうえで使用する必要があります。一方、イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみ用として開発されたため、安心して使用することができます。さらに詳しい内容は下記からチェックできます。

 

▼タップして詳しい情報を確認する▼

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームを市販で選ぶ方法(陰部,黒ずみ,ルミキシル,1)

まとめ

ルミキシルの成分や効果、値段を検証した結果、デリケートゾーンや陰部の黒ずみにはイビサクリームを推奨します。ルミキシルと同様の効果が期待できて安全に使用できるイビサクリームを使ってみてはいかがでしょうか。

黒ずみケアクリームランキング!

イビサクリーム

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

厚生労働省から認められた美白成分「トラネキサム酸」を配合。無添加、無香料で肌に優しいのが特長。28日間返金保証あり。

 

公式ページはこちら(陰部,黒ずみ,ルミキシル,1)

 

口コミはこちら

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

有効成分:プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K

 

プラセンタにより肌質改善を目指します。野ばらの香りが特長。60日間の返金保証あり。

 

公式ページはこちら(陰部,黒ずみ,ルミキシル,2)

 

イビサクリームとの違いはこちら

ヴィエルホワイト

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

イビサクリームと同じ「トラネキサム酸」を配合。定期コースの継続条件により合計の値段が高め。

 

公式ページはこちら(陰部,黒ずみ,ルミキシル,3)

 

イビサクリームとの違いはこちら

▼タップしてイビサクリームが1位の理由を確認する▼

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームを市販で選ぶ方法(陰部,黒ずみ,ルミキシル)

 

 

 

イビサクリームを市販で買う前に要注意! TOP