ビキニラインの黒ずみに化粧水を使う際の注意点

ビキニラインの黒ずみに化粧水を使う際の注意点

ビキニライン(Vライン)の黒ずみに化粧水を使う際の注意点を解説します。


化粧水だけでOK?

最近では、美白成分などが配合された化粧水がありますが、黒ずみケアは化粧水だけでもいいのでしょうか?

 

そもそも化粧水の目的とは?

まず、肌の保湿には水分と油分の2つが必要です。化粧水は、ほとんどが水でできており、肌に水分を与えることを目的としています。しかし、水は塗っただけでは蒸発してしまうので、化粧水だけでは不十分です。

 

油分がポイント

水分の蒸発を防ぐには、クリームや乳液などの油分がポイントです。化粧水で保湿したあと油分でフタをするイメージです。保湿ケアの基本は、水分+油分をセットが考えることが大切です。

黒ずみケアクリームと併用で相乗効果!

化粧水と一緒に使いたいのが黒ずみケアクリームの「イビサクリーム」です。化粧水には角質層の調子を整える作用があり、クリームなどに含まれる美容成分を角質層まで浸透しやすくします。

 

イビサクリームには、厚生労働省から認められた美白成分「トラネキサム酸」やヒアルロン酸など保湿成分も配合されているので、ビキニライン(Vライン)の黒ずみに化粧水と一緒に使いたい商品と言えます。

黒ずみケアクリームランキング!

イビサクリーム

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

厚生労働省から認められた美白成分「トラネキサム酸」を配合。無添加、無香料で肌に優しいのが特長。28日間返金保証あり。

 

公式ページはこちら(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,化粧水,1)

 

口コミはこちら

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

有効成分:プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K

 

プラセンタにより肌質改善を目指します。野ばらの香りが特長。60日間の返金保証あり。

 

公式ページはこちら(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,化粧水,2)

 

イビサクリームとの違いはこちら

ヴィエルホワイト

有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K

 

イビサクリームと同じ「トラネキサム酸」を配合。定期コースの継続条件により合計の値段が高め。

 

公式ページはこちら(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,化粧水,3)

 

イビサクリームとの違いはこちら

▼タップしてイビサクリームが1位の理由を確認する▼

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームを市販で選ぶ方法(ビキニライン,Vライン,黒ずみ,化粧水)

 

 

 

イビサクリームを市販で買う前に要注意! TOP